TPPのメリットを言う内閣府の数字は正しいのか

スポンサードリンク

TPPのメリットを言う内閣府の数字は正しいのか

TPPに参加することによる内閣府が発表したGDP増加の試算は、2.4〜3.2兆円と言われています。
しかしこの数字がTPPのメリットと直結しない数字となっており、消費者や企業からすれば信じがたくなっているのです。

 

その理由に、省庁によって発表内容が違い、どこまでが本当か見えなくなっているのです。
製造業周りを支援する方向で見れば、輸出が増えますし、貿易もやりやすくなるでしょう。
これまでよりもターゲットを広く見て商売をすることができるようになります。
内閣府は、TPPのメリットが強い方向で考えているのです。

 

逆に、ダメージを受けることが確実な農業を扱っている農林水産省などは、GDPのマイナスを4.1兆円と想定しています。
農業は今でも厳しい状況ですから、農業自体を辞めてしまう可能性だってあるのではないかと考えています。

 

これだけ見ても内閣府の数字が信じれないことが分かりますし、TPPのメリットについて改めて考えさせられます。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

TPPのメリットを言う内閣府の数字は正しいのか関連ページ

参加国の少なさがメリットを見えなくしている
TPPのメリットとデメリットを中立な見方で比較していきます。
政府も積極的に考えるようになったメリット
TPPのメリットとデメリットを中立な見方で比較していきます。
儲かる銘柄
TPPのメリットとデメリットを中立な見方で比較していきます。
食の安全を守る
TPPのメリットとデメリットを中立な見方で比較していきます。
全ての企業が注目するポイント
TPPのメリットとデメリットを中立な見方で比較していきます。
保険
TPPのメリットとデメリットを中立な見方で比較していきます。
業種によっても違う
TPPのメリットとデメリットを中立な見方で比較していきます。
教育
TPPのメリットとデメリットを中立な見方で比較していきます。
製造業
TPPのメリットとデメリットを中立な見方で比較していきます。
強い産業が勝つ?
TPPのメリットとデメリットを中立な見方で比較していきます。
自動車業界
TPPのメリットとデメリットを中立な見方で比較していきます。
株の目線で見ると
TPPのメリットとデメリットを中立な見方で比較していきます。
トヨタのメリットはどれくらい?
TPPのメリットとデメリットを中立な見方で比較していきます。
TPPのメリットとデメリットを中立な見方で比較していきます。
GDPが増加する?
TPPのメリットとデメリットを中立な見方で比較していきます。
農業
TPPのメリットとデメリットを中立な見方で比較していきます。
医療面
TPPのメリットとデメリットを中立な見方で比較していきます。
アメリカが一番得をする?
TPPのメリットとデメリットを中立な見方で比較していきます。
業界によってメリットが違う
TPPのメリットとデメリットを中立な見方で比較していきます。
消費者のメリット
TPPのメリットとデメリットを中立な見方で比較していきます。
中小工業企業にチャンス
TPPのメリットとデメリットを中立な見方で比較していきます。
会社から考える
TPPのメリットとデメリットを中立な見方で比較していきます。
サービス業
TPPのメリットとデメリットを中立な見方で比較していきます。
メリットとデメリットの面からディベートしてみる
TPPのメリットとデメリットを中立な見方で比較していきます。
メリットのまとめ
TPPのメリットとデメリットを中立な見方で比較していきます。

TPPのメリット TPPのデメリット